Apple Musicとは — 知っておくべきこと
コメント

Apple Musicとは — 知っておくべきこと

前回更新 2018/06/21 更新者

オンライン音楽業界が急速に成長したおかげで、最近では簡単に音楽を入手することができます。検索エンジンから曲をダウンロードしたり、オンラインストアでアルバムを購入したり、様々なサービスを利用して音楽をストリーミングすることができます。音楽プロバイダの数は劇的に増加しており、Appleもまた市場シェアを獲得するためにApple Musicサービスを始めました。

Apple Musicについて

米国サンフランシスコで開かれた今年のワールドワイドデベロッパカンファレンス(世界開発者会議)で発表されたApple Musicは、Apple社によって開発・管理された音楽ストリーミングサービスです。近く発表されるiOSアップデートの一部で、ユーザは無制限に音楽をストリーミングすることができます。このアプリは、Apple機器、Windowsパソコン、Mac、Android携帯を含む様々なプラットフォームに対応しています。Apple社が無料版を提供している間は、Apple IDがあれば、最初の3ヶ月間は無料で音楽をストリーミングすることができます。試用期間後は契約が必要となり、月額$9.99または最大6名まで使えるファミリー向けプランの月額$14.99がかかります。

2015年6月30日、待ち望んだiOS 8.4のアップデートと同時に、Apple Musicが発表されました。iPhone、iPad、iPod、Mac、Windowsパソコンではアップデート通知が表示されますが、Androidユーザがこのサービスを使用できるのは今年の終わりごろになるかもしれません。他の人気音楽ストリーミングサービスと同様に、Apple Musicもまた膨大な音楽ライブラリを提供しています。また、音楽好きが楽しめる特別機能も満載です。その中には、スマートオンライン音楽プレーヤー、Beats1と呼ばれる年中無休のラジオ局、アーティストと繋がることのできる特別なソーシャルネットワークなどがあります。

Apple Musicの注目機能

Apple社の最新のストリーミング音楽サービスには主に3つの機能があります。こうしたサービスは既に他社によって提供されており、目新しいものではありませんが、アップル社が提供するサービスはうわべだけのものではないと断言しています。Apple社は、Apple Musicは「デジタル音楽というよりもむしろアート」なのだと言っています。

音楽発掘

このサービスに契約すると、iTunesで入手できるいかなる曲でも再生してハードドライブに保存することができるようになります。iTunesは最大の音楽ホストで、2,500万曲以上の音楽が提供されており、その数はいまだ増え続けています。また、高品質が維持された再生リストや専門家によるおすすめ曲なども簡単に入手することができます。キーワード検索またはカテゴリ検索で好きな曲やアルバムを見つけましょう。あなたのお好みに応じたおすすめ曲の提供も行っています。

apple musicプレイヤー

Beats1ラジオ

文字通り「無制限」に音楽を再生することができるだけでなく、Beats1(アップルの新しいラジオ局)へのアクセスもできるようになります。これは、全世界初の24時間ラジオ局で、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンから放送されます。このラジオ局の司会には、Zane Lowe、Blame Ebro、Julie Adenugaといった著名なDJが名を連ねています。世界中のファンからリクエストの多い曲を流すだけでなく、お気に入りのアーティストのインタビューや音楽評なども放送される予定です。

beats1ラジオのインタフェース

Apple Connect

Apple Musicで音楽を聞くことに飽きたら、Apple Connectを試してみましょう。これは以前からAppleが提供していたサービスで、ソーシャルネットワークを通してファンとアーティストをつなげるというものですが、今回このサービスを更に拡大しています。アーティストはApple Connectを使って様々なコンテンツをファンのためにアップロードすることができます。こうしたものの中には、独占映像、録音スタジオ、ビデオメッセージ、舞台裏映像などが含まれます。この機能は、ツイッターやインスタグラム、フェイスブックと一体化しているので、簡単に共有することができます。

apple connect

Apple Musicを使って音楽ライフを充実させる方法

Apple Musicについてある程度理解できたら、今度はその使い方と多様な使用方法について見ていきましょう。以上で紹介したApple Musicの機能を使ってできることがたくさんあります。

Apple Musicを保存・収集する

i

Apple Musicを録音する – 曲や再生リストは、Apple Musicで簡単にストリーミングできるだけでなく、気に入った曲は再生中に録音することができます。音楽を探して再生し、高品質の音声レコーダーを使ってダウンロードします。この記事を引き続き読んで、その方法について学びましょう。

ii

Beats1ライブラジオを録音する – Beats1で放送されるインタビュー、新曲発表、最新ニュースといったお気に入りアーティストに関連する独占情報を録音する際には、ラジオレコーダーを使って保存しましょう。好きな時に再生することができます。

iii

Apple MusicをCDに焼く – 録音したコンテンツでハードドライブの容量がいっぱいになったら、CDに焼いて安全に保存しましょう。曲をアーティスト、アルバム、ジャンル別に整理することができます。

Apple Musicをデバイスで再生する

i

Android機器でApple Musicを再生する – Androidはスマートフォン市場の中で大きな割合を占めています。Apple MusicはiOS機器限定のアプリケーションではありません。Apple社によると、今秋にはAndroid対応のアプリも発売される予定です。それまでは、曲をパソコンに保存してからAndroidに転送すれば、Apple Musicを再生することができます。

ii

Windows携帯でApple Musicを再生する – 今のところ、Windows携帯向けの音楽アプリをApple社が発表する時期について正式なコメントはありません。Apple Musicをローカルファイルとしてダウンロードし、それをケーブルや特別なファイル転送プログラムを使ってWindows携帯に転送するしか方法はありません。

評価: 4.3 / 5 (合計15人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 関連カテゴリ: オーディオ関連情報, 音声録音 前回更新 2018/06/21

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

今すぐ入手>>
APOWERSOFT
無料
提供
&
ビッグ
セール
今すぐダウンロード
Apowersoft Unlimited
ワンクリックで14+種のApowersoftソフトウェアをインストール
新規
Faq
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る