iOS 11単体で画面録画が実現!録画アプリの時代も終わり?
コメント

iOS 11単体で画面録画が実現!録画アプリの時代も終わり?

前回更新 2018/01/30 更新者

WWDC 2017でiOS 11がリリースされてから、iOS 11の新機能に関する情報は続々と公開されました。

iOS 11には100以上の新機能が追加されるとも言われています。

この数多くの新機能に、最も革新的な機能は言うまでもなく、iOS 11の画面録画機能です!

脱獄不要、iPhone/iPad単体、音声収録などが一括に実現されます。

ここで、iOS 11の内蔵録画機能の使い方をご紹介します。

1

「設定」→「コントロールセンター」をタップして、「画面収録」ボタンをオンにします。

そして、画面を下から上にスワイプして、「画面収録」アイコンはパネルに追加されました。

iOS 11画面収録追加

2

録画ボタンを長押しして、次に出る画面に「収録を開始」という選択肢を押します。

デフォルトで「マイクオーディオオフ」です。その場合、iPhone内の音声が録音可能です。マイクからの音声が録音できません。

「マイクオーディオオン」に変更すれば、iPhone内の音声が録音できず、マイクからの音声が録音できるようになります。

iOS 11画面収録

3

録画中、画面上部に録画する経過時間と「録画中」のバーが表示される。
録画が完了したら、また画面を上にスワイプして、コントロールパネルに録画ボタンを押します。

ヒント:録画された内容はカメラに保存されます。

カメラには動画編集機能を搭載しているので、リアルタイムに編集してからアップロードすることができます。

iOS 11リリーズ前の録画方法

ゲーム実況者や録画ファンにとって望ましいニュースですが、録画アプリに開発者にとって、そんなに楽観的なものではありません。

従来のiphone録画方法として、主に三つあります。

  • iPhoneを脱獄して、録画アプリを自由に利用できます。
  • Apple storeに登録していない(つまり、非公式)録画アプリを利用します。
  • airplay機能を利用して、iPhoneをPCにミラーリングして録画します。

録画アプリが消えない理由

iOS 11内蔵録画機能の出現によりまして、このような録画アプリは全部消えてしまうのでしょう?

そうとは思いません。

  • iOS 11にはざまざまな新機能が追加されましたが、ベータ版なので、システムの接続不安定や不具合も少なくありません。従って、iOS 11正式配信の前に(後は三ヶ月ぐらい)、録画アプリのほうがより使いやすいかもしれません。
  • iOS 11はすべてにiOS デバイスに対応していません。例えば、iPhone4やiPhone5など。また、たとえ正式版にアップデートしても、iPhoneの処理速度が遅い場合もよくあります。それで、あえてiOS 11にアップデートしない、iOS 11からダウングレードするユーザーはいます。
  • iOS 11の内蔵録画機能は便利で使いやすいですが、専門的な録画プログラムではないので、録画アプリに比べて、機能が少ないです、例えば、デバイスの画面をPCに出力することができません。また、録画画質や形式などを自由に選択することができません。

iOS 11公式配信前に利用できる録画アプリ

iOS 11正式リリーズされる前に、iPhone/iPadを録画するために、iPhone/iPad録画究極をお薦めします。

iphone画面録画

  • 脱獄やケーブル不要、wifi経由で接続できます。
  • airplay機能があるiOSデバイスに対応しています。
  • airplayミラーリングでiOSデバイスをPCに出力できます。
  • 録画形式、録画画質などが自由に選択できます。
評価: 4.3 / 5 (合計65人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 関連カテゴリ: iPhone録画, 技術情報 前回更新 2018/01/30

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

今すぐ入手>>
APOWERSOFT
無料
提供
&
ビッグ
セール
今すぐダウンロード
Apowersoft Unlimited
ワンクリックで14+種のApowersoftソフトウェアをインストール
新規
Faq
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る