Apowersoft Mac用音声録音達人の使い方
コメント

Apowersoft Mac用音声録音達人の使い方

前回更新 2017/09/01 更新者

この記事では、Apowersoft Mac用音声録音達人を使ってオンライン上の音楽やラジオを自分のローカルハードドライブに記録する方法をご説明します。

Apowersoft Mac用音声録音達人の使い方

インストール

  1. 下のダウンロードボタンをクリックして、Apowersoft Mac用音声録音達人をダウンロードする。

    無料ダウンロード

  2. ダウンロードしたファイルを右クリックして、「開く」を選択してインストールする。

  3. インストールが終わったら、Apowersoft Mac用音声録音達人は自動的に起動し、デスクトップにショートカットができます。

設定(オプショナル)

ソフトウェアはデフォルトで設定でもうまく機能します。出力フォーマット、ディレクトリ、画質、インターフェイスの言語を調節したいなら、好きなように設定を変更できます。

インターフェイスで、「設定」アイコンをクリックし、設定ウィンドウを開いてください。または、「Command+」を押して、開いてください。

  • 一般設定: 出力フォルダとUI言語をここから変更できます。

    言語選択

  • 録音設定: オーディオソース、出力フォーマット、画質を変更したり、詳細録音設定をしたりすることができます。例えば、特定の時間でファイルを分割したり、ID3タグの認識をオンにしたり、無音をスキップしたりできます。

    録画設定

  • キーボードショートカット: 録音の開始、一時停止、停止のホットキーをオンにできます。

    ホットキー設定

オーディオを録音

オーディオを録音するためには、Apowersoft Mac用音声録音達人を開き、左下隅の「録音」ボタンを押します。それから、ウェブサイトまたはiTunesやSpotifyなどのアプリで音楽を再生します。音楽の再生が始まったら、ソフトウェアが自動的に検知・録音します。

音声録音

録音中に音楽が再生されているよう注意してください。それが確認できたら、インターネットサーフィングなど別のことをしても大丈夫です。録音されたファイルは、「ライブラリ」に表示されます。内蔵のプレーヤーで再生可能です。

Macを使っていないときにオーディオを録音するためには、タスクスケジューラが便利です。「予約タスクの作成」をクリックし、「タスク」ウィンドウを開きます。それから、好きなようにタスク名を入力します。また、録音の開始時間と終了時間を設定してください。ニーズに合わせて、入力音源を選択し、「作成」アイコンをクリックしてください。リストの中でタスク情報が確認できます。最後に、確定するために「OK」をクリックしてください。タスクのカウントダウンがインターフェイスに表示され、時間になったらオーディオを録音し始めます。

予約タスク作成

タスクを編集したり消したりしたい場合は、もう一度「予約タスクの作成」を開き、関連オペレーションを行ってください。

ID3タグを認識する

Apowersoft Mac用音声録音達人は、録音された曲のミュージック情報を自動的に認識します。タイトル、アーティスト名、アルバム、ジャンルが、録音が終わるとすぐに追加されます。

自動認識

注意: ミュージック情報が取得されない場合は、ミュージックファイルを右クリックし、「認識」オプションを選択し、再度ミュージックの認識を行ってください。

録音したオーディオまたは会話のID3タグを編集したい場合は、ID3エディターを利用してください。

オーディオを変換する

このソフトウェアはMP3、WAV、AAC、M4Aでのオーディオの録音・保存に対応していますが、備え付けのオーディオ変換機で他のフォーマットにオーディオを変換することもできます。

  1. 「ライブラリ」からファイルを選択し、「変換」オプションを選んでください。
  2. MP3、WMA、FLAC、OGG、MKA、AU、ALACなどの出力形式を選択し、画質を設定します。「1つのファイルに結合」をチェックし、変換しているファイルを結合します。
  3. 「変換」ボタンを押し、変換作業を開始してください。終了後、「フォルダを開く」をクリックすると、変換済みファイルをご確認いただけます。

音声形式変換

オーディオを編集する

オーディオを編集したいなら、ファイルを右クリックし、「編集」オプションを選択してください。

  1. 「ファイルを読み込む」を選択し、オーディオファイルをインポートしてください。
  2. 「選択したファイルを追加」をクリックし、領域を選択して、必要なクリップを指定してください。さらにファイルを追加する場合は、もう一度「選択したファイルを追加」をクリックし別の領域を選択してください。
  3. 「プレビュー」ボタンをクリックし、選択したクリップのプレビューを確認します。

    音声を編集

  4. 選んだものを外す場合は、それを選択し「選択をキャンセルする」をクリックします。編集後、「エクスポート」をクリックし、オーディオのエクスポートを行います。同時に、ID3情報を編集したり、エクスポートのモードやフォーマットを選択したりできます。

    ID3タグ編集

よくある質問

マイクやシステムサウンドあるいは両方からオーディオを録音したい場合どのようにしたらよいですか?

「音源」をメインインターフェイスから変更し、メニューを開いて、「マイク」、「システムサウンド」、「マイクとシステムサウンド」の中から選択できます。それから録音を開始してください。

音源選択

プログラムを開くと、ポップアップエラーメッセージが表示されます。「バーチャルサウンドカードが認識できません。今すぐインストールしてください。

Apowersoft Mac用音声録音達人をインストールしたのち、「Apowersoft_AudioDevice」と呼ばれるバーチャルサウンドカードがコンピューターにインストールされます。バーチャルサウンドカードは、お聞きになっているものを録音する際に重要なコンポーネントです。インストールが無事にされていないのであれば、プログラムは正常に作動しません。

このエラーを修正するためには、「はい」をクリックします。そうすると、バーチャルサウンドカードは自動的にお使いのMacにインストールされます。インストール後は、再起動を行ってください。

システムサウンドを録音できません。なぜですか?

  1. 「システムサウンド」が「音源」メニューで選択されていることを確認してください。
  2. 音楽を再生していることを確認してください。
  3. デフォルトのシステム出力デバイスが、「Apowersoft_AudioDevice」となっていることを確認してください。 (システム選択 -> サウンド -> アウトプット)

    Mac設定

    出力デバイス

  4. 「消音」オプションが出力パネルでチェックされていないことを確認して、出力音量を上げてください。

    消音

音源を「マイクとシステムサウンド」に変更すると、次のエラーメッセージが表示されます。「デバイスを開けません!もう一度試してください。

コンピューターの稼働が遅い場合、Apowersoft_AudioDeviceを作成するのに2、3秒かかります。少し待ってもう一度試してください。あるいは、Apowersoft Mac用音声録音達人を再起動して、音源を設定しなおしてください。

録音されたオーディオファイルで私の声量が小さいのはなぜですか?

  1. 「入力」パネルから入力デバイス音量を上げてください。

    音量上げ

  2. 可能であれば、高性能のマイクデバイスに変えてください。

プログラムを再インストールすると、ライセンスコードが失われたり失効したりしますか?

ご安心ください。登録情報は保存されます。ただし、登録コードは購入バージョンのみに有効となりますのでご了承ください。ソフトウェアに大きなアップデートがありインストールを行った場合、新たなキーコードが必要となります。

どうやってアンインストールしますか?

  1. Apowersoft Mac用音声録音達人をアンインストールするには、ソフトウェアのアイコンを右クリックし、「開く」を選択してください。

    アンインストール

  2. ポップアップウィンドウの「アンインストール」ボタンをクリックします。
  3. 最後に、お使いのMacを再起動するように指示が出ます。
評価: 4.8 / 5 (合計19人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 関連カテゴリ: Mac音声録音ソフト 前回更新 2017/09/01

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

今すぐ入手>>
APOWERSOFT
無料
提供
&
ビッグ
セール
今すぐダウンロード
Apowersoft Unlimited
ワンクリックで14+種のApowersoftソフトウェアをインストール
新規
Faq
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る