PCからiPhoneをコントロールする方法
コメント

PCからiPhoneをコントロールする方法

前回更新 2018/09/13 更新者

iPhoneは我々に実用で便利な機能を提供していて、PCの前で作業していてもこれらの機能を使いたい時が多くあります。発展し続ける技術のおかげで、現在はパソコンでiPhoneをコントロールすることも可能になって、これでiPhoneの重要なコンテンツを見逃すことはなくなります。インターネットを検索してみれば、使えるアプリケーションはほとんど脱獄が必要なのが分かるでしょう。自分なりにインターネットでの方法をまとめて、次の内容でおすすめな方法を紹介します。では、以下の便利アプリでPCでiOSデバイスをリモートコントロールしてみましょう。

PCからiPhoneを制御するのに利用可能なアプリ

Veency – PCでiPhone操作

Veencyとして有名なCydia tweakのおかげで、Mac、WindowsとLinuxを含むパソコンから快適に脱獄済みのiPhoneをコントロールできます。その名前から推測できるように、VeencyはVNC(仮想ネットワークコンピューティング)のサーバーで、ユーザーにiPhoneの画面を共有して制御するサードパーティーの解決策を提供します。

  1. 脱獄したiPhoneでCydiaを起動して、要求されたリポジトリをすべてアップデートします。
  2. お使いのiPhoneで「Veency」を検索して、検索結果からそれをタップします。Veencyは無料でインストール・使用できます。
  3. インストールが終わったら、「Restart SpringBoard」(リスプリング)をタップして、Cydiaが機能するのを待ちます。iPhoneの設定アプリでVeencyのエントリーを見つける必要があり、それで脱獄済みのiPhoneはPCから遠隔操作する準備は整いました。

    VeencyでPCからiPhone操作

  4. iPhoneとPCを同じWi-Fiネットワークに接続して、iOSデバイスの「設定」の「Wi-Fi」にアクセスします。接続しているネットワークの名前の右の小さい「i」アイコンをタップして、IPアドレスを確認します。
  5. VNCビューアーアプリを開いて、先確認したiPhoneのIPアドレスを記入します。うまくいけば、iPhoneの画面はPCスクリーンに表示されます。
  6. それでiPhoneをPCから操作できます。PCでiPhoneのSMSを発送したり、iPhoneの音楽再生をコントロールしたりする便利な操作ももちろん可能です。

Veencyを使えばパソコンでiPhoneをコントロールすることが可能ですが、制限も多く存在します。例えば、通話やビデオ通話はVeencyで機能しませんし、iPhoneのコントロールセンターも使用できません。

PCでiPhoneをコントロールする他の方法はありますか?

インターネットで検索してみれば、一部のネチズンがAirserverISL Lightを使って、PCからiOSデバイスを操作することに気づくと思います。多くの人の知っている通り、AirServerとは人気で上級のMacとWindows PC用の画面ミラーリング受信ツールで、iOSデバイスとの互換性も完璧です。一方、ISL LightもPCにiPhone画面をミラーリングするのにいいソフトです。しかし、実際自分で使ってみたところ、ミラーリングは可能ですが、リモートコントロールの方はどちらのソフトもできませんでした。

islライト

結論

Veencyを使えば、簡単にパソコンでiPhoneを制御することができます。それが目的なら、この記事の記した方法が役に立てれば幸いです。実際手元に脱獄済みのiOSデバイスがあれば、使ってみてください。それで本当にPCからiOS端末を操作できれば、ぜひこの記事を他の人にシェアしましょう。もちろん、他に何かいい方法を知っていれば、ぜひコメントしてお知らせください。こちらでテストして確認したら、感謝を込めて記事に追加いたします。

評価: 4.3 / 5 (合計28人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 関連カテゴリ: iPhone関連情報, 豆知識 前回更新 2018/09/13

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

今すぐ入手>>
APOWERSOFT
無料
提供
&
ビッグ
セール
今すぐダウンロード
Apowersoft Unlimited
ワンクリックで14+種のApowersoftソフトウェアをインストール
新規
Faq
サポート
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る